【サピックス】新4年生からサピックスに通わせるために、通塾前にやっておくべきことは?

Q.

現在3年生ですが、新4年生の2月からサピックスに入塾させようと考えています。入る前にやっておくべきことについておしえてください。
サピックスは最上位校に強いのはいいですが、レベルが高くて入塾後についていけるか少し不安です。

A.

たしかに、サピックスは授業のレベルも高く、宿題の量も莫大です。最難関校受験のための高度な授業が行われているので、お子さまが授業についていけるか不安になる親御さんが多いのは自然なことかもしれません。

でも、学習カリキュラムを見てみると、ただ難解な内容に取り組んでいるわけではなく、基本的な知識をコツコツ積み重ねている側面もあります。

最近のサピックスは、最上位校の合格実績も高く、男女御三家を含めた難関就学を目指す方がサピックスに集中しているのは事実のようです。

まず、入塾前に今一度確認しておきたいことは、お子さまの「学習習慣」です。学校の宿題の丸付け、そのあとの振り返りはしっかりできているでしょうか。その一連の勉強の流れを最後までやる意識がお子さまにあるでしょうか。

サピックスでは多くの課題に取り組むことになります。その課題が難しければ難しいほど、お子さまは問題を解くことに必死になりがちです。でもより効果的な受験勉強方法を実践するために、入塾前から以下の流れを意識づけることが必要です。

  1. 問題を解く
  2. 答え合わせ(丸付け)
  3. 間違った箇所を確認。その原因を見つける
  4. どうすれば次は正解できるのかを探る

他に、入塾前にできることとしては「学習する内容を知っておく」ということがあります。単元の名前だけでもかまいません。4年生のカリキュラムを確認して、今後どのように学習が進んでいくかを見ておいてください。そのことによって受け身ではなく、自主的に学ぼうとする「攻め」の姿勢が授業に活かせると思います。

さらに、その単元の内容を参考書などで確認すると、「これ知ってる!」という安心感によって、塾での授業姿勢がより前向きなりやすいのではないでしょうか。

お子さまが良いスタートをきれることを祈っています。入塾前だけでなく、塾に通い始めてからもなにかお悩みがあれば、ぜひ指導会の有料体験授業、有料電話相談にお申し込みくださいね。

受験相談・体験授業お申込み

必須の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、 西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

必須お申し込み内容

※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求いたします。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。

必須ご自宅の地域

首都圏での指導可能エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

関西圏での指導可能エリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

その他の地域はご相談ください。

必須お子さんのお名前
必須お子さんのお名前
(ふりがな)
必須お子さんの学年
必須メールアドレス
必須電話番号
FAX番号
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*