【日能研】塾の算数の授業や宿題が「受け身」にならないような工夫とは

Q.

子どもの算数のノートを見ると、算数の授業が、ただの「答え合わせ」になっているようです。
どのようにフォローしていけばよいでしょうか。
(5年生・日能研)

A.

■ 授業の受け方を工夫しましょう

 算数はどうしても授業が「答え合わせ」になってしまうことがよくあります。
子どもが問題を解いて、そのあとに先生が正解とその解法を解説するという流れだと受け身になってしまいがちです。
先生もテキストの単元のポイントを読むだけになってしまうこともあるようで、これではもったいないですよね。

 そこで、授業の受け方を工夫してみてはどうでしょうか。
授業中に問題に取り組みながら、名門指導会を主宰する西村が停止王する「◯△×方式」で各問題に印をつけていきましょう。

◯…自分で解けた問題
△ …自分で解けはしなかったものの、説明を聞いたら理解できた問題。次に似た問題が出てきても解けそうなもの
×…自分でも解けず、説明をきいてもよく理解できなかった問題

 ご家庭で復習するときに、まずは「△」の問題をもう一度子どもにやらせてみてください。
「×」に取りかかると時間がかかってしまうので、まずは「△」を重点的に復習するようにします。

■ ご家庭での「ミニ授業」で理解を深める

 子どもが「△」の問題を解くことができたら、その解法を説明してもらう「ミニ授業」をしてみてください。
「どうやって解いたの?お母さん(お父さん)におしえて」ときいてみましょう。
子どもは自分が解いた道筋をほかの人に説明することで、より理解を深めます。
また、お母さん(お父さん)に教えることができた、説明することができたことが大きな自信にもつながるでしょう。

 ここでのポイントは、大人が途中で口をはさまないこと。「そうじゃないでしょ、こう解くんじゃないの?」ではなく「なるほどね」「そういうことか。次はどうするの?」などと子どもの説明をきいてあげてください。
大人が「教える」のではなく「教わる」ことに徹底してください。

■ 宿題にも優先順位をつける

 さらに、宿題でもそれぞれの問題に「◯△×」の印をつけて、まずは「△」「◯」から先に行うようにします。
「×」は、時間が足りなければ省いてもけっこうです。
全部を完璧にやることが目標ではないので、最優先は「△」だということを前提に宿題をする習慣をつけておきましょう。

  テスト直しは「正答率」をひとつの目安とし、まずは正答率が高いものを優先的に復習して、知識を定着させておきましょう。

■ 優先順位を意識しながら学習に取り組む

 授業だけでなく、宿題やテスト直しもそうなのですが、すべてをこなそうとせずに、優先順位をつけて効率良く取り組めるように、問題に印をつけたり正答率を見たりする工夫ができるとよいですね。

 子どもだけでは判断が難しいこともあるので、大人がうまくフォローしてあげましょう。塾の授業は同じ単元を何度かやるので、「難問まですべてやらなければ」という心配をする必要はありません。

受験相談・体験授業お申込み

必須の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、 西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

必須お申し込み内容

※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求いたします。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。

必須ご自宅の地域

首都圏での指導可能エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

関西圏での指導可能エリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

その他の地域はご相談ください。

必須お子さんのお名前
必須お子さんのお名前
(ふりがな)
必須お子さんの学年
必須メールアドレス
必須電話番号
FAX番号

コメントを残す

*