【早稲田アカデミー】6年生もYTテストは続けるべきでしょうか?

Q.

6年生の息子が受験を直前にひかえています。学校行事が少ない小学校なので助かってはいますが、過去問も取り組み始め、塾の宿題もあるので、時間的な余裕を考えてYTの週テストは続けるべきかどうか迷っています。
このまま集中できるかどうかが不安です。アドバイスをお願いします。

A.

ご相談ありがとうございます。
YT週テストの退会タイミングについては悩む方が多いです。
過去問は第一志望だけではなく、併願校の過去問も同じタイミングで取り組む必要があります。さらに、苦手な単元、理科、社会、国語の暗記単元もあります。いくら時間があっても足りない、という人が多いと思います。
この状況にプラスして四谷大塚生と四谷大塚準拠塾生はYTの時間が必要になります。このYTに関しては負担に感じる人も多いようです。

まずYT週テストに関してですが、学習が身についているかのチェックはもちろんですが、学習のサイクルを整えるという意味合いも兼ね備えています。
毎週土曜日の週テストの締め切りに向け、その週の学習をきちんとこなしていきます。その上で学習がどのくらい身についているのかをチェックする形にしていけば、学習サイクルが正しくなり、学力は確実に上がり、維持されていくでしょう。

お子さまにとってこの時期は、何を優先させるかによって取り組み方が変わってくると思います。
「学習のチェックと学習サイクルの確立」か「過去問を使っての出題の傾向と対策」、どちらを先にするのかを決める必要があります。
もしも学習サイクルがきちんとできていて、これからの時間は過去問を使っての出題の傾向と対策をメインにして取り組むつもりであれば、週テストは退会し、その時間を使って受験に向けて特化した学習に取り組みましょう。

お子さまによっては「学習のチェックと学習サイクルの確立」を優先させる、つまりYTテストを受け続ける方が良い場合もあります。
集中力が続かないお子さま、基礎が固まっているかどうか不安なお子さま、勉強に入るまでに時間がかかるお子さまなどはこの場合に入るでしょう。

過去問演習には主な目的が3つあります。

  • 学校の傾向を知ること
  • その傾向へ向けた対応策を考える
  • 合格までの学習の取り組み方を計画して実行

どれも大切な部分であり、手を抜くことはできません。

お子さまとどのように取り組むか、本人と確認しながら計画していく方が良いでしょう。
YTの時間を使うならばどのように過ごすか、を想像してみてください。
もしその時間を無駄に過ごし、あまり学習につながらなかった、とという想像がついた場合にはYT週テストは続けると良いでしょう。

通われている塾以外の専門家のアドバイスが必要な場合は名門指導会の有料体験授業、有料電話相談にお申し込みください。現状を詳しくお伺いし、合格への鍵となるそれぞれのお子さまに合ったやり方を一緒に考えていくことができます。

受験相談・体験授業お申込み

必須の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、 西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

必須お申し込み内容

※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求いたします。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。

必須ご自宅の地域

首都圏での指導可能エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

関西圏での指導可能エリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

その他の地域はご相談ください。

必須お子さんのお名前
必須お子さんのお名前
(ふりがな)
必須お子さんの学年
必須メールアドレス
必須電話番号
FAX番号

コメントを残す

*