中学受験 専門の家庭教師集団 - 名門指導会

栄光学園中 2017年入試問題 算数

塾で学習するパターン問題とは一線を画し、目新しい問題、問いかけ方で思考力を問い続けるのが一貫したスタイルです。
結果として受験生にとって難しい問題となってしまうこともあり、昨年も70点満点で受験者平均32.8、合格者平均41.8と決してよいできではありませんでした。
これを受けてか、今年は従来のようなスタイルは維持しつつも個々の設問はかなり易しくなり、受験者平均43.9、合格者平均55.3とかなり上昇しました。

栄光学園中 2017年入試問題 算数 難易度表

【1】昨年も見られた条件を満たす領域を図示させる問題。
(3)の「正方形の紙が通過する範囲の面積が314㎠以下」という問いは少々考えさせますが、例年に比べれば易しい問題です。

【2】数字と演算子(+、×)を組み合わせて式を作ります。
(2)で「すべて+(×)の場合に最も小さく(大きく)なる」と即断しないよう注意。
(3)では最後は+しか入らないことを見抜き、8通りを試しましょう。

【3】展開図とさいころを対応させるという定番の問題で、数字の向きにも気をつけるのもよくあるパターンです。
(2)の2つの組み立てられたサイコロに同じ数字を入れなかったところに栄光らしさを感じますが、例年に比べれば易しくなっています。

【4】影の先端の位置を考えさせる定番問題。
(2)で「何段目のどこにあるか」と一切特定せずに聞いたところに栄光らしさを感じますが、例年に比べれば易しい問題です。

【5】円と正多角形を組み合わせる問題ですが、等分点は分数に対応させて倍数・約数の問題として考えるという手法は触れたことがあるはずです。

例年のような思考力と問う問題を出しつつも、ある程度の点数がとれるよう配慮した結果、今年は易しくなったものと思われます。
来年は再び難化する可能性も十分あるので、過去問で栄光らしい問題にあたりしっかり対策しておきたいですね。

西村則康が毎週お届けする名門指導会のメールマガジンウチの子だけの合格マニュアル無料購読はコチラから!
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。
【メールアドレスご入力】

本当に、うちの子の成績も上がるのかしら?
期待をすればするほど、もし上手くいかなかったらと不安になるのは当然です。
期待はずれだった…ということがないように、名門指導会では有料の受験相談を、毎月合計10名様だけ受け付けています。
受験相談の内容は、「詳しくはこちら」ボタンを押してご覧ください。
※受験相談をお申込みされる方は、
  • ・直近3ヶ月分の塾の公開テスト(計算用紙含む)
  • ・解決したい科目の塾用ノート(授業用・宿題用)
  • ・解決したい科目の塾用テキスト
を必ずご用意下さい。
その際、読みにくいからといってお子さんが書いた計算やメモを消したりしないで下さい。お子さんが書き残した跡が、勉強方法を改善するために最も大切な情報となります。



名門指導会ホーム結果の出る秘密大手塾別 成績の上げ方[関東]大手塾別 成績の上げ方[関西]合格実績喜びの声講師紹介
有料受験相談・体験授業のお問い合わせご利用の流れメディア掲載情報個人情報の取り扱い特定商取引法に基づく表示会社概要
サイトマップ


line

家庭教師 名門指導会 運営責任者:西村則康

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-7-1
霞が関東急ビル内 霞が関ビジネスセンター2F

電話: 0120-300-550


Copyright© 家庭教師 名門指導会 All Rights Reserved.