中学受験 専門の家庭教師集団 - 名門指導会

麻布学園中 2017年入試問題 理科

麻布中 2017年入試問題 理科 難易度表

毎年のことですが、麻布の理科にはストーリー性、メッセージ性があります。12歳なりの教養を問いかけ、さらに解き終わったあとに、さらに考えてごらんという余韻を残します。今年の入試で最後の設問の後、掉尾を飾る文章は以下のようなものでした。「ここまでの話を聞くと、ヒトはトンボより優れていると思えてしまいます。しかし、ヒトはトンボと違って飛ぶことができません。血液を使って酸素を運ぶので、ヒトの体は飛ぶのには重すぎるのです。進化と聞くと、生物が優れたものに変化するように思うかもしれませんが、進化で生まれるものは「ちがい」であって「優劣」ではないのです。」

ストーリーがあるため、問題の作成者の意図を的確につかみ、じっくりと問題の導入を読んで、素直に解き進めることが必要です。もちろん、受験生としての基礎知識が備わっていないと対応が難しいですが、まずは今年の麻布理科のテーマは何だろう、と「ワクワク」しながら問題と向き合えるかどうかだと思います。見慣れないテーマにひるんでしまうお子さんは、麻布の理科への対応は困難かもしれません。

今年の【1】は新しい原子核の合成、【2】は赤色光と遠赤色光による光合成、【3】は慣性の法則、【4】は進化と動物の体積、表面積の関係といった出題です。【1】以外は、テーマとしては目新しさはないですが、いずれも知識レベルと思考レベルが絶妙に絡んで良質な仕上がりとなっています。理科に興味のない子には難問ですが、小さい頃から図鑑や科学読み物に親しんできた子には、導入がしっかりしている分、易しく見えたのではないでしょうか。

西村則康が毎週お届けする名門指導会のメールマガジンウチの子だけの合格マニュアル無料購読はコチラから!
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。
【メールアドレスご入力】

本当に、うちの子の成績も上がるのかしら?
期待をすればするほど、もし上手くいかなかったらと不安になるのは当然です。
期待はずれだった…ということがないように、名門指導会では有料の受験相談を、毎月合計10名様だけ受け付けています。
受験相談の内容は、「詳しくはこちら」ボタンを押してご覧ください。
※受験相談をお申込みされる方は、
  • ・直近3ヶ月分の塾の公開テスト(計算用紙含む)
  • ・解決したい科目の塾用ノート(授業用・宿題用)
  • ・解決したい科目の塾用テキスト
を必ずご用意下さい。
その際、読みにくいからといってお子さんが書いた計算やメモを消したりしないで下さい。お子さんが書き残した跡が、勉強方法を改善するために最も大切な情報となります。



名門指導会ホーム結果の出る秘密大手塾別 成績の上げ方[関東]大手塾別 成績の上げ方[関西]合格実績喜びの声講師紹介
有料受験相談・体験授業のお問い合わせご利用の流れメディア掲載情報個人情報の取り扱い特定商取引法に基づく表示会社概要
サイトマップ


line

家庭教師 名門指導会 運営責任者:西村則康

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-7-1
霞が関東急ビル内 霞が関ビジネスセンター2F

電話: 0120-300-550


Copyright© 家庭教師 名門指導会 All Rights Reserved.