【四谷大塚】週に1度の土曜スクールに通い始めましたが、受験勉強は足りるでしょうか。

Q.

4年生の子どもの母親です。親戚のお兄ちゃんが大阪星光に通っていることもあり、星光や西大和などに本人は入りたいようです。しかし現在、浜学園の土曜スクールに通っていて、復習テストも平均点が取れていないような状態です。
ほかの習い事もあり土曜スクールを選んだのですが、お友達は週に複数回通塾しているようなので少し焦ってしまいます。中学受験ができるかどうか自体が不安です。

A.

現状、お子さまの志望校にギャップがあるようですが、これから着実にステップを刻んでいけば、志望校に近づくことができます。

まだ4年生だから、少しは好きなことをさせてあげたい。でもそのぶんほかのお子さまと差がついてしまうのではないか。そういったお悩みは、土曜スクールに通塾する保護者の方たちからもよく聞かれます。

現状でできることとしては、まず毎週の学習は平常教材の復習テストで平均点以上が取れるようにしていくことからです。復習テストが返ってきたら必ずやり直しを行う習慣をつけましょう。それが次の単元を理解するための下地となります。

復習テストで思うように得点できるようになれば、平常コースへの変更もスムーズに進みます。5年生になると教科数が増えます。また受験算数の基本的な解法を身につける時期でもあります。平常コースを軸に1週間の学習サイクルをつくっていきましょう。

中学受験でいちばん大切なことは、塾をどれだけ上手に活用できるかです。たくさんの時間通塾しているから安心というわけではありません。各塾の講座を効率的に選んで受講したり、講習会の学習計画表から強化や学習範囲をその都度選ぶ方もいます。

他の教材を+αで演習することや、この時期にしかできないことをやっておくのもよいですね。たとえば、図鑑やテレビではなく実際に花や虫を見るといったことです。夜の星空を眺めて星の動きや色を知ることが、今後の学習に活かせることもあります。

塾に振り回されてしまっては、学習の効果が激減します。お子さまの様子を見て、塾の利用方法を考えてもよいのではないでしょうか。それでも不安を感じられるのなら、名門指導会の有料体験授業、有料電話相談などもぜひご利用ください。

受験相談・体験授業お申込み

必須の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、 西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

必須お申し込み内容

※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求いたします。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。

必須ご自宅の地域

首都圏での指導可能エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

関西圏での指導可能エリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

その他の地域はご相談ください。

必須お子さんのお名前
必須お子さんのお名前
(ふりがな)
必須お子さんの学年
必須メールアドレス
必須電話番号
FAX番号

コメントを残す

*