【四谷大塚】算数が理解できていないようです

Q.

息子が四谷大塚に通っています。
算数の授業で本人は理解していると認識しているらしいのですが、内容の照らし合わせをしていると、あいまいな部分が多く、とてもきちんと理解しているとは言えません。
このような場合はどのように本人に伝えればよいか教えてください。

A.

ご相談ありがとうございます。
まずはこの場合、本人の「分かった」とご両親の「分かった」に認識の相違がないかを確かめることが大切です。

本人の認識は

  • 授業での先生の解説を言葉で理解した
  • 予習シリーズの解説を見て、理論は理解した

ご両親の認識は
・仕組みを理解した=応用を含めた問題が解ける状態

などの認識に違いはありませんか?
ご両親の感覚と、お子さま自身にとっての「分かった」が何を指すのかを把握しない限り、この問題は解決しませんね。

そもそも「問題が解ける」とはどのような意味なのでしょうか。

  1. 問題を理解し、解法を決定する
  2. 正確に計算する
  3. 正解

このステップをきちんと踏むことです。

お子さまの「分かった」(理論上の解説や言葉での理解)からご両親の「問題が解ける」状態にするには、1.問題を理解して解法を決定し、2.正確に計算するのプロセスをきちんと進めることです。
そのためには

  1. 問題のポイントや解答するための方法を明確に
  2. 計算を間違えないように、途中式や今何をしているのかを明確にする(記録に残す)
  3. 問題を解いた過程を、思考を言語化するために本人に説明してもらう。

このように具体的に問題に取り込むことで理解を深めるようにする機会を設けてみてください。解答ができても、言語化して説明することが苦手だという場合もあります。そういった部分も含め、どのくらい理解ができているのかを色々な視点で見て、把握することは大切です。

こういった分析はプロの客観的な視点が大いに役立ちます。通われている塾以外の専門家のアドバイスが必要な場合は名門指導会の有料体験授業、有料電話相談にお申し込みください。現状を詳しくお伺いし、合格への鍵となるそれぞれのお子さまに合ったやり方を一緒に考えていくことができます。

受験相談・体験授業お申込み

必須の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、 西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

必須お申し込み内容

※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求いたします。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。

必須ご自宅の地域

首都圏での指導可能エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

関西圏での指導可能エリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

その他の地域はご相談ください。

必須お子さんのお名前
必須お子さんのお名前
(ふりがな)
必須お子さんの学年
必須メールアドレス
必須電話番号
FAX番号
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*