【日能研】学習量が増える6年生に向けて準備しておくべきことをおしえてください。

Q.

現在5年生なのですが、今ですらなんとかこなしている状態なので、6年生になってからが不安です。なにか準備しておくべきことはあるでしょうか。カリテが毎週になり日曜特訓が始まるので、今より負担がかなり増えるのではないかと心配です。

A.

5年生のうちに準備しておくべきことを考えてみました。6年生のスケジュールが発表されたらお子さまと一緒に考えてみてください。

  1. 学習の優先順位を事前に決めておく
  2. 消化しきれない学習に取り組む日を事前に設定しておく
  3. 現在の学習スケジュールを把握しておく

①学習の優先順位を事前に決めておく
日能研では6年生の夏休みまでに、受験で必要な単元を終わらせるカリキュラムになっています。なので、夏休みまではその週ごとの内容をちゃんと身につけておく必要があります。まずは週ごとのカリテに向けた学習とその振り返り学習を優先させましょう。宿題やカリテをこなすだけという状況にならないように気をつけてくださいね。

②消化しきれない学習に取り組む日を事前に設定しておく
具体的に時間が確保できるのは、春休みとGW(ゴールデンウイーク)ではないでしょうか。2月、3月の未消化部分は春休みに、4月の分はGWに取り組むようにスケジュールを立てておきましょう。

夏休み以前の日曜特訓は、過去問演習が中心です。志望校別に特化した対策をするわけではないので、場合によってはこの日特の時間を未消化部分の学習に使ってもよいかもしれません。通常カリキュラムの方が優先順位度は高いということを忘れないようにしましょう。

③現在の学習スケジュールを把握しておく
お子さまと一緒に、まずは現在のスケジュールを洗いなおしてみてください。1週間のスケジュールを実際に記録し、学習にどれくらいの時間を使っているかを把握しておきましょう。

それと、6年生の塾のスケジュールを照合してみてください。起床、就寝時間や学校、塾、家庭学習などを書き込んで、学習時間が足りそうかどうか、足りないならそれが何時間ぐらいなのか具体的に見ておくことが必要です。

それでも6年生の学習スケジュールに関する準備に不安をお感じなら、名門指導会の有料体験授業、有料電話相談にお申し込みください。6年生のスケジュールを最適化できる学習法をお教えします。

受験相談・体験授業お申込み

必須の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、 西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

必須お申し込み内容

※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求いたします。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。

必須ご自宅の地域

首都圏での指導可能エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

関西圏での指導可能エリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

その他の地域はご相談ください。

必須お子さんのお名前
必須お子さんのお名前
(ふりがな)
必須お子さんの学年
必須メールアドレス
必須電話番号
FAX番号
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*