女子御三家「桜蔭」「女子学院」「雙葉」の校風と入試傾向について

目次

1. 「女子御三家」の共通点は進学率の高さ。違いは?
 ●進学率トップクラスの「桜蔭中学校」
 ●自由な校風が特徴の「女子学院中学校」
 ●上品で礼儀正しい「雙葉中学校」
2. 「女子御三家」の合否を決める知識量とスピード
 ●桜蔭中学校
 ●女子学院中学校
 ●雙葉中学校
3. それぞれの校風と入試傾向をよく理解して

 中学受験において、関東圏の女子御三家といえば、「桜蔭」「女子学院」「雙葉」です。
今回はそれぞれの校風と、入試傾向についてご説明します。

1. 「女子御三家」の共通点は進学率の高さ。違いは?

 関東圏の女子御三家といえば、「桜蔭」「女子学院」「雙葉」。
いずれも東京23区内にある伝統校です。
同じ進学校でもその中身は大きく異なります。
その特徴を表すものとして、ユニークなたとえ話があります。

 「もし空き缶が落ちていたら…」
桜蔭生は「本を読むのに夢中で缶が落ちているのに気づかない」
雙葉生は「そっと拾ってゴミ箱に捨てる」
女子学院生は「その空き缶で缶蹴りを始める」

 それぐらい、この3校の校風は大きく異なるようです。
では具体的にそれぞれどのような校風なのかを見てみましょう。

●進学率トップクラスの「桜蔭中学校」

 1924(大正13)年、東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)の同窓会「桜蔭会」により創立。
全国の女子校の中でもトップクラスの進学率を誇り、医学部への進学も多い学校です。

 全体的に勤勉な生徒が多く、授業は3年時の自由研究をはじめ、自ら調べ、考え、発信していく力の育成を重視。
東京都文京区本郷所在。中学校240名、高校募集なし。

●自由な校風が特徴の「女子学院中学校」

 1870(明治3)年創立のプロテスタント校。キリスト教精神に基づいた豊かな教育を行っています。
自由な校風が特徴で、校則にあたる規定も「校章のバッジをつける」「上履きは指定のものにする」などの4項目のみ。

 授業は全科目をバランスよく学習しながら、実験やレポート、作品制作などにも力を入れています。
東京都千代田区一番町所在。中学校240名、高校募集なし。

●上品で礼儀正しい「雙葉中学校」

 1909(明治42)年創立のカトリック校。校訓は「特においては純真に、義務においては堅実に」。
ボランティア活動や校内清掃など、カトリックの精神に基づいた全人教育を実践しています。

 カリキュラムは全教科においてしっかりしており、中でも外国語教育に力を入れています。
東京都千代田区六番町所在。中学校100名、高校募集なし。

2. 「女子御三家」の合否を決める知識量とスピード

 各校の入試傾向と対策についてご紹介します。

●桜蔭中学校

国語:説明文と物語文の大問2題で、それぞれの素材文・設問ともにハイレベル。
社会科学的な知識は必要で、読解のテクニックだけでは不十分。

算数:計算問題では、計算の工夫を行ってもその後の処理が多量。
途中の式や計算を書く必要があり、手際よくまとめていく能力が要求される。

理科:30分の短時間で小問数が30問もあるので、立ち止まって試行錯誤する時間の余裕はない。
現象の因果関係や事象のつながりの知識を問うものが多い。

社会:30分の試験時間に対して、小問40問程度。記述問題が数問含まれるので速く解くことが必須。
出題数は歴史2、地理2、公民1程度。

●女子学院中学校

国語:論説文・説明文と随筆文の2問構成。
「自由記述」はなく、文章中の言葉を利用する「抜き出し記述」または「条件記述」になっている。

算数:試験時間に対して問題数が多いので、模試や過去問演習では時間配分の練習が必要。
まんべんなく出題される傾向なので苦手単元は克服が必要。

理科:問題レベルは穏当なものが多いので合格平均点が高く、8割以上の得点を目指したい。
題意に沿って細かくアウトプットする練習が必須。

社会:設問の文章に特徴があり、題意を素早く正確に捉える訓練をしておきたい。
機械的に重要語句を覚えるのではなく、詳細な知識が必要となる。

●雙葉中学校

国語:語彙力、読解力、記述力すべてが高いレベルで要求される。
多くの小問が記述なので、書き慣れておく必要がある。

算数:綿密で正確な計算力が要求される。
式や計算を書かせる問題が多く、普段から考え方や解き方を順序良く書き残す練習が必須。

理科:4単元からバランスよく出題されるので、知識の詰め込みでは対応できない問題が多い。
記述対策をしておきたい。

社会:基本的な知識を問うものがほとんどのため、高得点者が多い。
毎年、数問は記述問題が出題されるが、基本知識を尋ねるものに限定されている。

3. それぞれの校風と入試傾向をよく理解して

 中高の6年間をどんな環境で過ごすかは、男子校よりも女子校の方が影響力は大きいかもしれません。
それぞれの校風や入試傾向から、お子さんに合った中学校を選ぶことが大切です。

受験相談・体験授業お申込み

必須の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、 西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

必須お申し込み内容

※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求いたします。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。

必須ご自宅の地域

首都圏での指導可能エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

関西圏での指導可能エリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

その他の地域はご相談ください。

必須お子さんのお名前
必須お子さんのお名前
(ふりがな)
必須お子さんの学年
必須メールアドレス
必須電話番号
FAX番号

コメントを残す

*