【日能研】塾の授業中、板書をノートに書いているうちに内容が次々と進んでしまい、授業のスピードに追いつけないようです

Q

塾の授業中、板書をノートに書いているうちに内容が次々と進んでしまい、授業のスピードに追いつけないようです。何かアドバイスをお願いします。
(日能研6年男子Aクラス)

A

授業のスピードについていけないことに関してのお悩みですね。
まずは、お子さんが受けている授業はどのような流れで進んでいるのか、把握しましょう。

本科テキストの基本的な構成は、
①「考えよう1~5」「深めよう1~2」
②入試の過去問を含めた演習問題
となっています。

ですが、授業の進め方は、担当の講師やクラス、その時学習している単元によって異なる場合があります。
基本的な構成のとおりに進めるのか、各テキストの学習の間に演習問題に取り組むのか、演習問題から復習する問題について解説するのかなど、授業の進み方についてお子さまに確認してみましょう。
確認する際は、授業のノートを見てあげるとよいかもしれません。

大まかな流れについて把握したら、板書する時間や問題を解く時間などがどのくらい設けられているのか、授業中の細かい時間配分についても確認しておくとよいでしょう。

授業の大まかな流れ、授業中の時間配分について把握することで、お子さまが授業についていけないと感じるタイミングが見えてくると思います。
これらのことを把握した上で、具体的な対策を打っていきましょう。

例えば、カリキュラムテストの共通問題で70点を目指すとすれば、「考えよう」と「深めよう」の問題パターンの解き方を覚えることに注力してもよいでしょう。
授業中でそれ以外のパターンの問題を解く時間は、「深めよう」の板書内容の理解を深める時間にしてもよいかもしれません。

このように、授業の進み方を把握すれば、つまずいていることに対して、具体的な対策を練ることができます。
しかし実際は、お子さんが授業に流れについて把握できていない可能性もあります。
板書を写して問題も問いて・・・という流れの中で、授業の様子を全て把握するのは、大人でも難しいことかもしれません。
授業ノートに関しても、完璧に写せているとは限らないでしょう。

そのような場合、授業のノートや最近取り組んだ問題と解答の用紙などから、塾の先生に分析してもらうのも一つの方法です。
基礎的な学習の定着度や、これから家庭学習で復習するべき点、カリキュラムテスト共通問題で高得点を狙うためにはどのように学習を進めればよいかなども併せて知ることができるでしょう。

お悩みの際は、ご家庭だけで悩むのではなく、ぜひ「名門指導会」にご相談ください。お子さんの取り組むべき課題を見つけ、成績をあげるための最適な学習プランをご提案いたします。

受験相談・体験授業お申込み

必須の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、 西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

必須お申し込み内容

※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求いたします。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。

必須ご自宅の地域

首都圏での指導可能エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

関西圏での指導可能エリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

その他の地域はご相談ください。

必須お子さんのお名前
必須お子さんのお名前
(ふりがな)
必須お子さんの学年
必須メールアドレス
必須電話番号
FAX番号

コメントを残す

*