クラスが下がったためテキストが変更になり焦っています。できるだけ早く上のクラスに戻りたいです。

Q

今年小学6年生の男の子です。浜学園のH1クラスに通っています。
5年生のときまではSクラスでしたが、Hクラスに下がってしまいました。
Sクラスより上では演習教材も使いますが、Hクラスの算数はテーマ教材が中心の学習になると聞いています。
他のお子さまと差がついてしまうわないか、心配です。
できるだけ早くクラスをまた上げたいと思っていますが、今できることはどんなことでしょうか。

A

ご相談、ありがとうございます。
クラスが変わり、学習方法も変わってしまうことで戸惑っておられるのですね。

おっしゃいますように、浜学園では6年生からは、学習の構成がSクラス・Vクラスで、テーマ教材+演習教材の形で進められます。
そのため、演習教材だけで扱われている問題を学習できないことかが、そのまま他のお子さまとの差になる、と感じられたのでしょう。
確かに、経験値という面で差が開いてしまうことは、考えられそうです。

しかしながら、他のお子さまとの差というのは、演習で取り組む問題の量だけで決まるわけではなく、大事なことは、「学習した内容を理解できているか。解法を使いこなせるようになっているか」です。

まずは、クラス変更した要因を探して、そこに注目し、検証と改善策を見いだすことから始められるようお勧めします。

例えば、5年生の時の復習テストの成績表をまず見てみてください。
お子さまが苦手な単元があるようなら、その単元を学習した時の授業ノートを見返してみてください。
ノートがしっかり取れているか、授業内容が理解できているか、確認してみてください。
理解が不足しているようなら、その内容を改めて復習することが、「今できること」です。

授業内容が理解できていたら、今度は復習テストや公開テストをチェックしてみてください。
テストで取りこぼしてはいけない問題と、解けなくても大丈夫そうな問題の区別がしっかりとできているか、うまく時間配分できているかも確認してみましょう。

これらの点に課題があるなら、宿題演習をするときに解き方を改善してみることもできそうです。
これらは一例ですが、大事なことは「1週間の学習サイクル」を意識して、うまくいっていないポイントはどこなのか、明確にしておくことです。
うまくいっていないポイントが解消していけば、「学習した内容を理解でき、解法を使いこなせる」状態を獲得できるでしょう。

ただ、こうしたチェックを、ご家庭だけでされるのは難しいこともあるかと思います。
塾の先生にご相談なさるか名門指導会の有料体験授業、有料電話相談なども、ご都合が合えばぜひご利用ください。

受験相談・体験授業お申込み

必須の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、 西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

必須お申し込み内容

※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求いたします。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。

必須郵便番号

首都圏での指導可能エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

関西圏での指導可能エリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

その他の地域はご相談ください。

必須お子さんのお名前
必須お子さんのお名前
(ふりがな)
必須お子さんの学年
必須メールアドレス
必須電話番号
FAX番号

コメントを残す

*