【早稲田アカデミー】偏差値60程度の学校を志望していますが、Wベーシック中心の勉強に不安を感じています。

Q

6年生の男子です。志望校は偏差値60くらいです。
現在、各科目とも重点的に「Wベーシック」に取り組むように指導されています。
そのため、Wベーシックの宿題や復習に時間を取られ、演習問題集に手を着ける時間がありません。
Wベーシック中心に勉強するだけで良いのでしょうか。

A

どの問題集を、いつ、どのように活用すれば良いか、というご質問は中学受験に向けて日がなくなってくるこの時期によく聞かれるものの一つです。
志望校の偏差値が60程度ということならば、演習問題種がちょうど当てはまる難易度です。ですが、今のクラスではWベーシックの宿題や復習に時間を取られ、演習問題集を解く時間がないということですね。

Wベーシックの問題を中心に解くだけで良いのか、というご心配かと思いますが、お子さまが今どんな学力を身につける必要があるかによって、答えは変わってきます。
希望される偏差値あたりの学校なら、演習問題集に載っている問題を解く力が受験までに求められてきますが、今の力がそこまでではない場合、まず基礎的な力をWベーシックで身に着ける必要があります。

Wベーシックの特長は、一つ一つを解いていけば、典型的な問題であれば「見たことがない問題はない」と言えるほどになることです。基本形の問題が単元ごとに一通りカバーされている上に、十分な量があるためです。ただ、問題の量が多いので、こなすだけの学習になってしまうリスクもあり得ます。
Wベーシックが割りと難なく解けて、問題の難易度に物足りなさを覚えるような得意科目に関しては、少しレベルの高い演習問題集を解いて、実力を伸ばすことが良いのではないでしょうか。

 1問あたりの時間は多くかかりますが、入試に当てはまるような問題が収められているので、学習が密度の濃いものになるかと思います。
 名門指導会の先生は、お子さま一人ひとりのご家庭の要望や悩みに比較的よく対応してくれます。志望校の名前を校舎の先生に直接挙げ、それぞれの科目に関して相談してみるのも有効かと思います。

 志望校の偏差値に比べてみて、Wベーシックだけの問題演習では易しすぎないかという不安や、演習問題集を解くとすれば、応用A、応用Bといった問題のどこまでを解く必要があるかといった悩みを話し、取捨選択をしてもらうのも効率的だと思います。Wベーシックの問題を少し減らして演習問題集を解き進めることは我が子にとって良いことかどうか、といった迷いも同様です。

ただ、気をつけたいのは、塾との良好な関係を壊さないためにも、お願いの方法には言葉を選ぶ必要があることです。ときとして、個人ごとの細かな相談においては、微妙な感情に触れる場合もあるからです。
保護者の方の立場、塾の立場の両方を冷静に見られる立場の人にセカンドオピニオンをもらうことも良いでしょう。学習のプロである第三者に相談してみるのもそういった点で有効な手だてです。

名門指導会では無料の学習カウンセリングで、お子さまの学習状況を見させて頂きます。その上で、最も効率の良い学習方法についてご助言をさせて頂いております。ご希望がございましたら、お気軽にお声がけください。

受験相談・体験授業お申込み

必須の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、 西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

必須お申し込み内容

※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求いたします。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。

必須郵便番号

首都圏での指導可能エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

関西圏での指導可能エリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

その他の地域はご相談ください。

必須お子さんのお名前
必須お子さんのお名前
(ふりがな)
必須お子さんの学年
必須メールアドレス
必須電話番号
FAX番号

コメントを残す

*