【希学園】「面倒見が良い」が特徴の中学受験塾、希学園。成績を伸ばすポイントは

目次

1. 希学園の特徴①「多数精鋭スーパーエリート塾」を謳う
2. 希学園の特徴②専任講師の比率が高い
3. 希学園のカリキュラム
4. 希学園の授業レベル
5. 希学園の宿題
6. 希学園の学習時間
7. 希学園の個別指導や相談
8. 希学園で成績を伸ばすポイント
9. 拘束時間は長いが、個別指導対応は充実

 多くの親御さんから中学受験の塾選びについての相談を受けますが、やはり塾によって授業スタイルや宿題などに関する考え方なども様々。
ここでは、進学塾「希学園」の特徴や授業レベル、カリキュラムや宿題についてご説明します。

1. 希学園の特徴①「多数精鋭スーパーエリート塾」を謳う

 1クラス30〜40人で行うハイレベルな授業が特徴の希学園。
拘束時間も長く、授業終了後に約1時間「居残り自習」がありますが、これをうまく活用すれば家庭での学習時間を減らすこともできます。

2. 希学園の特徴②専任講師の比率が高い

 希学園は講師の採用基準が厳しく、アルバイトの非常勤講師も厳しくチェックされています。
講師レベルを一定に保つために、採用後もカメラによる授業のチェックや生徒アンケートを実施するなどの努力がされているようです。
他の中学受験の塾に比べると、塾と家庭の密な連携を大切にしているともいえます。

3. 希学園のカリキュラム

 週ごと、クラスごとに「学習計画表」が作成されていて、授業範囲や宿題範囲などが細かく指定されています。
教科ごとの専任講師による授業が行われ、クラス担任制度も取り入れられています。

4. 希学園の授業レベル

 問題の平均レベルは非常に高いようです。
モチベーションの高い成績上位の生徒は授業後の居残り自習の時間に宿題を済ませ、家庭ではその定着や発展学習に取り組むなどの工夫しているようです。

5. 希学園の宿題

 中学受験に対応する他塾に比べると宿題の量はとても多いです。
塾と家庭が連携して子どもの学習をフォローする必要があります。

6. 希学園の学習時間

 標準的な進学塾に比べて、拘束時間が非常に長いのが希学園の特徴。
関西系の中学受験専門の塾に多い「塾が丸抱えします」というタイプの塾なので、塾に任せられる一面はあるものの、ただ塾にいるだけで勉強した気になってしまう子どももいるようなので注意が必要です。
子どもが塾の自習時間をどう使っているかを定期的に確認してあげましょう。

7. 希学園の個別指導や相談

 6年生になると「チューター制」が取り入れられ、生徒ひとりに担当者がひとりつきます。
電話や交換ノート、個別相談などのきめ細やかなフォローが可能な仕組みができています。

8. 希学園で成績を伸ばすポイント

 希学園の面倒見のよさをうまく活用できるとよいのですが、塾にいる時間は長くても復習がちゃんとできていないということにならないように気をつけましょう。
塾にまかせられるという利点もありますが、その分担当講師やチューターとのコミュニケーションが大切です。
しっかり親が意思疎通をし、子どもの状況を把握するように心がけましょう。

9. 拘束時間は長いが、個別指導対応は充実

 
 希学園は講師の指導力が高いというイメージがあるようです。
実際にその質を保持するために塾は努力をしており、個別指導にも力を入れています。
その分、中学受験対応の他塾に比べると拘束時間も多く、塾の強制力も強いので、それを理解したうえで正しく塾を活用する必要があります。

受験相談・体験授業お申込み

必須の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、 西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

必須お申し込み内容

※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求いたします。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。

必須ご自宅の地域

首都圏での指導可能エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

関西圏での指導可能エリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

その他の地域はご相談ください。

必須お子さんのお名前
必須お子さんのお名前
(ふりがな)
必須お子さんの学年
必須メールアドレス
必須電話番号
FAX番号

コメントを残す

*