【四谷大塚】合不合判定テストの算数の結果が悪いです…

Q

子どもが四谷大塚に通っています。
普段の勉強はがんばっているのですが、4月合不合判定テストの算数が予想以上に悪い結果になってしまいました。組分けテストより大幅に点数が取れず、本人も落ち込んでいるようです。親として何ができるのかアドバイスをいただきたいです。

A

ご相談ありがとうございます。
普段の勉強をがんばっているとうことですので、4月合不合判定テストで予想より下回ってしまった結果をどうにか返上したいところですね。

今回のテストはあくまで判断基準を確かめるためのものですので、ここからどうやって対処していくかが重要になります。ここで課題を克服していけば十分挽回できるでしょう。

今回の合不合に関して言えば、問題の難易度が非常に高かったです。
平均点も例年より低く男女ともに60点台という結果のことも多くあります。
このような平均点が低いテストの場合、ミスを減らし、確実に正解する正確さが重要になります。

大問1、2などの基礎問題がケアレスミスで不正解となってしまった場合、他では正解率が低い問題が多いため、点数を上げることが難しくなってしまいます。
もう一度テストを見直し、問題の不正解の原因を探ることが改善への近道となります。
普段のテストよりもミスが多い場合には、ミスを減らすことが課題となります。

「ミス」にはたくさんの原因があります。
いつものテストと今回のテストの問題用紙を見比べて見ましょう。

今回は範囲がないテストで、志望校判定が出るということもあり、焦りやプレッシャーを感じていたかもしれません。
そのような場合には、図の多さなどの問題を解く過程のメモ書き、また字の筆圧、丁寧さにも影響してくることがあります。

そのような変化が見比べた時にあるようならば、その気持ちの焦りが原因になっている場合もあるでしょう。
その部分をお子さまとしっかり話し合うことが大切です。

もしもミスがあまりない、または普段と差がないのに点数が出なかった場合、「範囲がない」ことも原因の一つかもしれません。

予習シリーズでは、その都度いろいろな単元を扱います。1単元あたりの問題数が少ないため、単元全体の課題を把握できていない可能性があります。

お子さんがどのような単元が苦手で、理解が深められていないのか分析し、書き留めながら苦手分野克服の計画をしていきましょう。

もしも家庭での分析が難しい場合、プロの力を借りるのも良いでしょう。
通われている塾以外の専門家のアドバイスが必要な場合は名門指導会の有料体験授業、有料電話相談にお申し込みください。
現状を詳しくお伺いし、合格への鍵となるそれぞれのお子さまに合ったやり方を一緒に考えていくことができます。

受験相談・体験授業お申込み

必須の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、 西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

必須お申し込み内容

※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求いたします。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。

必須郵便番号

首都圏での指導可能エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

関西圏での指導可能エリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県

その他の地域はご相談ください。

必須お子さんのお名前
必須お子さんのお名前
(ふりがな)
必須お子さんの学年
必須メールアドレス
必須電話番号
FAX番号

コメントを残す

*