中学受験 専門の家庭教師集団 - 名門指導会

今の個別指導や家庭教師で成果が出ないという方へ

全部やろうとするから失敗する

全部やろうとするから失敗する

近年熾烈を極める都市部の中学受験では、進学塾に通いながら、個別指導か家庭教師を併用することが当たり前になっています。
しかし、個別指導にしろ、家庭教師派遣会社にしろ、その中の多くは学生バイトでお茶を濁しているところが多いことは皆さんご承知の通りです。

また、個別指導と言いながら、生徒2人に講師1人という場合もあります。
残された時間に限りのある中学受験においては、生徒2人に講師1人という体制は、多くの場合良い結果に繋がりません。なぜなら、一人が問題を説いている間にもう一人に解説を行う事で効率のよい学習ができる、という場合の「効率」は、お子さんではなく指導する側の効率の良さを求めた結果であることが多いからです。
教える側の効率の都合で、お子さん一人ひとりに「今必要な学習」ができないかもしれないというリスクを背負わせるべきではありません。
このような指導体制でお子さんを指導しようとしたとき、お子さんに起こる悲劇のリスクは格段に上がります。
それは、「学習量」の超過です。

私のかつての教え子、U君のお話をさせていただきます。
私がU君のもとを訪れた時、彼は都内でもハードでハイレベルだということで有名な塾に通っていました。

そのころのU君の成績と精神状態は最悪でした。

解答用紙は全部埋まっているのに150点満点のテストで60点程度しかとれていない。
過去3週間の復習テストもそうですし、3ヶ月間の公開テストも同じ状態です。
かと言って勉強をサボっているわけでは勿論なく、むしろ寝る時間を削ってまでまじめに取り組んでいました。
実は、こんな状態に落ち込んでしまっているお子さんは意外に多いのです。

お宅のお子さんは大丈夫ですか?

彼の1週間は、塾の予定でギッチリ詰まっていました。
「平常授業」、「日曜志望校別特訓」、「弱点補強講座」これで週六日です。
それぞれの授業で宿題が出ます。
毎日午前1時までは机にかじりついてすべての宿題をやりきろうと悪戦苦闘し、でもやりきれず積み残していっている状態でした。

「以前この問題は解けたはずなのに分からなくなっちゃった。先生どうしよう。」

U君がそう言うものですから、お母さんもあわてふためいています。

「先生、何かもっと良い問題集はないでしょうか?」
「毎日午前1時まで勉強しているU君に、今以上の勉強量は無理ですよ。お母さん!」

私がこう言うと、お母さんは
「でも何とかしないと…。」
と言ったきり黙ってしまわれました。

その後、もっとも点数のとれていない算数の問題用紙と計算用紙を見させてもらって納得しました。
基本問題の解法と、難問の解法の使い分けができていません。
レベルもカリキュラムも違う3つの授業で大混乱していたのです。

私が指示したのは4つです。

  • 宿題が終わっていなくても、12時には必ず寝ること。
  • 弱点補強講座はやめること。
  • 日曜志望校別特訓は2ヶ月間休むこと。
  • 平常授業の「復習」は、宿題となっていなくても必ずやること。

この指示によって空いた時間を使って、解き方の整理をしていきました。
過去2年間の復習テストを全部チェックし、彼専用の復習カリキュラムを練り上げました。
その後の私の役割は、U君が解いている横で、

「これは、『線分図』『面積図』『てんびん』『イチマル解法』の何で解く?」

と解法がぶれないようにし、

「この式で何が出たの?」

と途中を確認することです。

その結果

  • 復習テストの点数がぐっと上がって安定しました。
  • 授業中そわそわしなくなりました。

でも、3ヶ月後から復活した日曜志望校別特訓に出席し始めてから、 またしても点数の上下動が激しくなってしまったのです。

「やっぱり時間が足りないよ。日曜日休んでいい?」

でも他の教科のことを考えたらそうはいきません。

ここで彼に言ったのはたった1つです。

  • 私が印を付けた問題以外は復習しないこと。

志望校に出るはずのない難問に時間を割くのは愚の骨頂ですから。

U君は麻布志望です。
10月頃には算数は安定していましたが、麻布傾向の長文の理科の問題に手が出ません。
その理科で、入試間際の2ヶ月間に、灘・白陵・洛南・西大和学園・武蔵・攻玉社の過去問から麻布傾向の問題をピックアップし、それを1月15日までに2回繰り返してもらいました。

最後の合否テストでは、まだ合格ラインには入っていませんでしたが、受かるはずだという確信めいたものを感じていました。

お母さんからの
「先生、受かりましたっ!」
という涙声を電話口で聞いたときは、やはり熱くこみ上げてくるものがありました。

「今すぐうちの子の状態を見て欲しい」
「うちの子も時間がなくてこのままで大丈夫かと本当に不安」
という方は、

フリーダイヤル 0120-300-550 

まで今すぐお電話下さい。
サイトからのお申し込みはコチラから。


受験相談・体験授業お申込み

(必須)の項目は必ず入力してください。
ご相談内容をより詳しく書いていただければより的確な回答をお渡しできます。

西村則康の家庭訪問をご希望の方は、
西村則康の家庭訪問 専用応募フォームからご応募ください。

お申し込み内容(必須)



※「都関靖治の家庭訪問」は関西圏のみの対応とさせていただきます。
※体験授業、家庭訪問ともに、名門指導会からご自宅までの交通費をご請求致します。関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。
ご自宅の地域(必須)

記入例:東京都目黒区自由が丘
指導可能エリアはこちらをクリック
お子さんのお名前
(必須)


記入例:西村 則康
お子さんのお名前
(ふりがな)(必須)


記入例:にしむら のりやす
お子さんの学年(必須)

メールアドレス(必須)
※連絡のつきやすいアドレスをお願いします。
【メルマガ:ウチの子だけの合格マニュアル】を購読する
電話番号(必須)
FAX番号
※FAXでのご連絡をご希望の方はFAX番号もご記入下さい。

西村則康が毎週お届けする名門指導会のメールマガジンウチの子だけの合格マニュアル無料購読はコチラから!
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。
【メールアドレスご入力】

本当に、うちの子の成績も上がるのかしら?
期待をすればするほど、もし上手くいかなかったらと不安になるのは当然です。
期待はずれだった…ということがないように、名門指導会では有料の受験相談を、毎月合計10名様だけ受け付けています。
受験相談の内容は、「詳しくはこちら」ボタンを押してご覧ください。
※受験相談をお申込みされる方は、
  • ・直近3ヶ月分の塾の公開テスト(計算用紙含む)
  • ・解決したい科目の塾用ノート(授業用・宿題用)
  • ・解決したい科目の塾用テキスト
を必ずご用意下さい。
その際、読みにくいからといってお子さんが書いた計算やメモを消したりしないで下さい。お子さんが書き残した跡が、勉強方法を改善するために最も大切な情報となります。



名門指導会ホーム結果の出る秘密大手塾別 成績の上げ方[関東]大手塾別 成績の上げ方[関西]合格実績喜びの声講師紹介
有料受験相談・体験授業のお問い合わせご利用の流れメディア掲載情報個人情報の取り扱い特定商取引法に基づく表示会社概要
サイトマップ


line

家庭教師 名門指導会 運営責任者:西村則康

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-7-1
霞が関東急ビル内 霞が関ビジネスセンター2F

電話: 0120-300-550


Copyright© 家庭教師 名門指導会 All Rights Reserved.